2017年03月15日

心躍る、春へ 喜多千景 陶展


奈良・二月堂のお水取りも終わり、
節気は春分へと
桜の蕾も、膨らみを持ちはじめました
ようやく、春ですね

皆様、いかがお過ごしでしょうか

まさに、春が始まらんとする時節
弊廊では、姫路市の陶芸家・喜多千景さんの作品展が始まりました

展示の様子を少しご紹介いたします

これは何だと思いますか
きた蓋アップ.jpg

きた 鉢.jpg


きた水玉かっぷ.jpg
手前のカップ 内側は焼き締めのままなので
泡がよく立ち、麦酒が楽しくなりますよ

きた皿セット.jpg


きた平皿.jpg
喜多さんは、「雲」「水玉模様」「街」を
好んでモチーフにされています

きたカップ.jpg
脚付のユニークなカップ
動き出しそうな楽しい造形です
パステルカラーが愛らしく

きた鉢2.jpg

きた掛花.jpg


きたポットオブジェ.jpg
彩化粧「雲のあいだから 2017」
最初の写真は、このオブジェの蓋周り でした
「街」「雲」モチーフが細やかに表現されています
喜多さんの細やかな手仕事と世界観が凝縮された
エネルギー溢れる作品です

ほかにも、パステルカラーが生きた
春らしい器、オブジェが揃っています

そばにあると、クスリと微笑みがこぼれてしまう
そんな作品たち
どうぞお手にとって、ご覧いただきたく思います

3月20日(月)午後5時まで開催中です
作家さんも毎日在廊されていますので
ぜひ、早春の一日 お越しくださいませ



田中美術













posted by tanaka at 12:12| Comment(0) | ことづて