2017年04月24日

降りそそぐ

]
桜の季節もつかの間 
今年は花散らしの雨ならず 
春の嵐が 
桜を連れ去ってゆきましたね

皆様 新年度を迎えられ、いかがお過ごしでしょうか

葉桜とともに新緑の芽吹きが もうそこ此処に

名残りになってしまいましたが
先日のお花見の覚え書きを

201704111530000 (2).jpg

花冷えのある日、曇り空の中でも
一斉に笑いかけるかのように 
咲き誇っていた桜
201704111525000.jpg


201704111527001 (2).jpg

薄く淡い花びらは すりガラスの危うさ

桜の木の下へ潜り込むようにして眺めていると
ひとときの 強い命の声が 
時雨とともに
染みわたるようでした

201704111528000 (2).jpg

201704111536000.jpg


花は根に 鳥は古巣へかへるなり
春のとまりを知る人ぞなき 
−崇徳院「千載和歌集」より

春はどこからきて
どこへ戻ってゆくのでしょうか

美しい面影を心に また廻りくる季まで


新年度がはじまり、弊廊は今期も 
より心に寄り添う作品を
ご紹介してゆきたく思っております

紅葉も柔らかな若葉を揃えて、
私達を眩しい夏へといざないます

お近くへお越しのご機会には
ぜひお立ち寄りくださいませ





田中美術












posted by tanaka at 13:38| Comment(0) | ことづて