2017年08月06日

夕涼み


夏の美しさのひとつ 夕涼み
英語ではうまく訳せない 日本語の粋ではないでしょうか
立秋を迎えて、少し夜の風も変わる頃です

お昼間の焼けつくような暑さが暮れて
麻の服を纏うときのような、
柔らかく乾いた緩い風が吹き抜けるとき
ひとときの癒しの中に、今まさに夏の真ん中にいるということ
そして
私達はほんのりと 次の季節を感じとります

そんな 夕涼みが心地よい季節 
吹きガラス・草野啓利さんの作品たちが 
少しばかり 届いております

くさのA.jpg
いつもながら 柔らかな手触りの 優しい作品たち
夏のメニューにひときわ涼を添えてくれるプレートや鉢
その他、ゴブレットやグラスもすこし



ものごとの中にある「美」や「輝き」とはなんだろうと
いつも思います

かたちがなく、なのに 少し離れると 
恋しいほどにそのきらめきを 確認できるのです
でも、その只中にいる時には 
どうしても手中におさめることができません

それは私達自身が その手中にあるからなのですね

過ぎ去る瞬間に、見えるか 見えないか 

懲りもせずに憧れて また追いかけるけれど
いつも 少し先で 
夏の日の逃げ水にように 手招きをしています

すべての美術表現は、おそらく 
そんな どうしてもつかみ取れない 眩しい瞬間の記憶と影を
かろうじて留めることのできた、
強く 同時に とても 心もとないものなのではないか と感じています



皆様 それぞれの夏をお過ごしのことと思います

くさの@.jpg

美しさの一瞬を留めたガラスの中に 
あなた様の夏を映して
ぜひお愉しみいただけましたら 幸いです
数に限りがございますので なにとぞ お早目に...





7月の空.jpg

過ぎ去る瞬間を 捉まえることができたら




田中美術




posted by tanaka at 18:28| Comment(0) | ことづて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: