2019年03月08日

「池上真紀 日本画展」出品作品から


3月7日より開催中の「池上真紀 日本画展」より
出品作品の一部をご紹介させていただきます

「自然」を描きたい、とおっしゃる池上さん
そして、題材の持つ「影」の部分を掬い取りたいとも

それは、対象物の「孤独」、または「本質」ともいえるものを
捉えるということだと思います
題材が持つイメージの反映を写すのではなく、
題材の持つ本質的な存在感を描きとろうとされています

本質が少しでも結晶している作品は、同時にとても普遍的なので、
人は自然と惹きつけられたり、そばに置いておきたくなったりするのではないかと
私は常々感じています
今後どのように作品が変化してゆかれるのか、
とても楽しみな作家さんです

睡蓮TWSM.jpg
「睡蓮 T」45.4×15.8p(WSM)
水面に漂う睡蓮 水の感触を感じる一品

樹に成る.jpg
「樹に成る」116.7×80.3p(50号P)
「木」が他の植物と共生しながら「樹」になろうとする一場面
池上さんご自身も思い入れのある作品とのこと
強い題材ですが、とても優しい作品です

菊ー影WSM.jpg
「菊―影」45.4×15.8p(WSM)
「モチーフの影の部分を描きたい」
まるで擬人化された菊のように見えました

池上蓮華.jpg
「蓮華」41×31.8p(6号F)
もう1点の「枯蓮」との連作となっています

道端の声4号.jpg
「道端の声」33.3×24.2p(4号F)
ひんやりとした空気に包まれて、
水仙の囁きが聞こえてくるようです

池上宿る.jpg.jpg
「宿る」89.4×145.5p(80号M)
孔雀の存在感がとても美しい作品です
新潟の雪梁舎美術館主催「雪梁舎フィレンツェ賞展」での入選作品でもあります
ぜひご覧いただきたい大作です




現在の池上さんが掬い取られた小さな美しい世界から、
貴方様がそばに置いておかれたいと思う1点を、
ぜひ見つけていただけましたら、幸いです

会期は11日(月)午後5時まで
ぜひ、ギャラリーで現品をご覧いただきたく思います


価格については、下記までお問い合わせくださいませ
※会期中のため、すでに御成約済の場合は何卒ご了承くださいませ
mail: kobetanag@rose.ocn.ne.jp
tel&fax: 078-242-7578(10:00~19:00/毎週火曜日休廊)






田中美術
posted by tanaka at 14:04| Comment(0) | ことづて

2019年03月03日

池上真紀 日本画展 ■ ご案内

三寒四温の頃、春へ向かい不安定な気候が続きますが
皆様いかがお過ごしでしょうか

桜の開花を待つこの時季、弊廊では
「池上真紀 日本画展」を開催致します
2019年3月7日(木)→11日(月)※最終日は午後5時まで

神戸市長田区ご出身の池上真紀(いけがみ まさのり)さん
今回が初めての個展となられます
弊廊でご紹介させていただいている、日本画家・田住真之介さんの
お仲間としてご縁をいただきました
現在、母校でもある京都市立芸術大学にて非常勤講師としてご勤務され、
グループ展や各種公募展へ出品を重ねながら、日本画を描いておられます
写生力に優れた池上さんの日本画は、伝統的な手法を踏襲しながら
精緻な線とデリケートな色使いが印象的な
とても美しい絵を描かれる作家さんです

今回ご出品の作品から、少しご紹介させていただきます

舞うWSM.jpg
「舞う」45.5×15.8p(WSM)
線の美しさに注目ください

白菊SM.jpg
「白菊」22.7×15.8p(SM)
楚々とした白菊 

桜空WSM.jpg
「桜空」45.5×15.8p(WSM)
マチエール(絵肌)が柔らかく、優しい作品です

斑3F.jpg
「斑」27.3×22p(3F)
動物画も得意とされる池上さん
存在感があります

作品にご興味をお持ちくださるお客様がおられましたら
価格等、お気兼ねなく下記までお問い合わせくださいませ

田中美術 Open 10:00~19:00 (火曜日は休廊日です)
Tel&Fax/078−242−7578
mail/ kobetanag@rose.ocn.ne.jp

皆様のご来場をお待ち申し上げます



田中美術













posted by tanaka at 15:55| Comment(0) | ことづて

2019年01月19日

One Art Taipei 2019


お正月の賑わしさも落ち着いたこの頃
まだまだ厳しい寒さが続いております

そんな中、弊廊は
台北市での「One Art Taipei 2019」へ出展するべく
21日まで店主と4人の作家さんは台湾におります

昨日18日はプレビュー日
本日19日〜21日までは、本会期となります

海外のあちこちの都市でのアートフェア開催も
珍しくない今、
場数を踏む、という大切さももちろんあるのですが、
参加くださった4人の作家さん方には、
ご自分の作品が、
自分の手や自我から離れ、空気にさらされ
初めて会う海外のお客様方の様々な反応や眼に触れることで
「アートを売る」ことの厳しさと楽しさ、そして
少しでも まだご自分の中に潜んでいる
未知なる感覚や思考の側面を
発掘していただければいいな、と思っています
それは、必ず今後創作の場面にも還元してゆけるはずです
ikegami.jpg
ikegami2.jpg
池上真紀さん(日本画)

omae.jpg
omae2.jpg
大前光輝さん(油彩画)

私自身も日々店に展示している様々な時代の作家の作品に
囲まれながら、
それをご覧になられた方のいろいろな視点からの
言葉や反応を、
あらたな発見の鍵にできるよう向き合っています

tazumi.jpg
tazumi2.jpg
田住真之介さん(日本画)

hiduki.jpg
ブース内様子.jpg
日月美輪さん(日本画)

4日間 短いけれど長く濃い、
充実の時間となることを願って !


IMG_1489.jpg





田中美術









posted by tanaka at 11:40| Comment(0) | ことづて