2007年01月01日

色絵磁器展 −有田・柿右衛門窯 特選−

色絵磁器展 〜有田・柿右衛門窯特選〜
平成19年1月1日(元旦・月)→15日(月)

柿右衛門よもやま話 −当代14代までの400年−


 江戸時代初期に、日本で初めての赤絵のやきものを生み出したとされる柿右衛門。それから400年余りが過ぎた今でも、「柿右衛門」は有田の伝統的なやきものとして、かつ日本を代表する色絵磁器として、多くの人々に知られ愛されています。当主である14代酒井田柿右衛門は人間国宝(重要無形文化財保持者)として現在の柿右衛門の評価の礎となっています。これだけ評価され知られている柿右衛門ですが、400年来つねにやきものの世界の頂点に君臨していたわけではありません。様々な時代の流れに翻弄されながら、現在の地位を確立しました。そんな長い歴史の中で「柿右衛門」には様々なエピソードおよび出来事が残されています。ごく一部の話ですが、少し耳を傾けてもらえれば幸いです。

その1 「江戸時代の柿右衛門」
 現在、江戸時代の白磁の余白を活かした赤絵付けをされた磁器などを「柿右衛門様式」という表現が一般的になされていますが、それは当時の柿右衛門窯が作ったという意味ではありません。当時の有田において柿右衛門様式のやきものは、柿右衛門窯を含めた当時の優秀な技術と職人を持つ複数の窯で制作されていたのです。その中で唯一現代まで残って制作を続けてきたのが柿右衛門窯です。また12代、13代の頃に柿右衛門窯の古窯跡の発掘調査が本格化し、ヨーロッパに渡った名品と掘り出された磁器の破片に多くの共通点が見出されたことが、「柿右衛門様式=柿右衛門」の混乱する図式を作った要因となったと言えるでしょう。
e0102155_20275273.jpg また、特に現代の柿右衛門の傑作といわれる「濁手(にごして)」の乳白色の磁肌の由来は、17世紀後半の有田で作り出され、たどり着いたヨーロッパで「ミルキー・ホワイト」と大絶賛された磁器です。この乳白色の磁器を作るための工程が書かれた当時の古文書(『土合帳』)が柿右衛門窯に残されていたのです。しかしながら、この濁手を復活させた12代、13代も認めていますが、江戸期の「濁手」と同じものは決して再生することはありませんでした。原料は主に有田の複数の採石場の石を混ぜ合わせたものですが、江戸時代から400年余り山を削って掘り出し続けてきたために、当時の地層と同等の土が現在では取れなくなっていたためでした。そのことを強く意識した当代14代は、これまでの柿右衛門窯に無かった新しい草花のデザインを現代の地肌に再現することにより、柿右衛門個人として人間国宝を保持する栄誉を手にしたのです。

その2 「柿右衛門の“柿”とは」
 柿右衛門窯は、400年に渡って常に最高級のやきものを制作してきたわけではありません。他のやきものの産地と同様、幕末から明治にかけては大変厳しい時代を送り、柿右衛門窯でさえ廃業の危機を迎えたほどでした。そんな中、大正期に入って柿右衛門にとって追い風となる二つの出来事がありました。一つはスポンサーが付いたことです。12代の頃ですが、地元の実業家小畑秀吉が資本金を提供して、12代と小畑氏による共同経営が始まりました。莫大な資金力をバックに、この時代さまざまなスタイルのやきものにチャレンジすることができました。現在の窯もののラインアップが形成されていくのもこの頃がきっかけと思われます。
e0102155_2023518.jpg そしてこのラインアップの中でも、多くの皆さんが柿右衛門といえばこれ!と連想するもの、あの柿画シリーズもちょうどこの頃が始まりです。11代の晩年1912年(明治45)に東京の歌舞伎座で11代片岡仁左衛門らによる『名工柿右衛門』が初演され、更には1922年(大正11)には尋常小学校の教科書に『陶工柿右衛門』が掲載されました。教科書の柿右衛門の話はご年配の方なら大半ご存知のはずです。初代の柿右衛門が自宅の庭にあった柿の木の柿を見ながら、この柿に勝るとも劣らぬ色を磁器に表現したいと苦心するお話ですが、もちろんこの話はフィクションです。当時の12代の柿右衛門が、むしろこの柿右衛門ブームに乗って柿画の磁器を作り始めたものなのです。そして現在でも、代表的人気作品の一つとして、柿画の磁器は多くの人々に愛されています。そのために有田の他の窯のものにも柿を描いているものが多く見られます。江戸時代の濁手と同じくらい有田といえば「柿」という認知度が高かった、一つの大きな流行だったのでしょう。

その3 「“柿右衛門窯”の意味と当代の理念」
 柿右衛門のやきものを全体的に見ますと、よく「窯もの」と「作家もの」という区別がなされます。この区別がされるようになったのは、1960年代に13代が濁手の制作を軌道に乗せ始めてきたころにあたります。13代が当時の陶芸作家ブームに乗って、個人名で百貨店にて個展を開くようになり、かつ濁手と窯ものの制作工程を分離させた、この2つの要因が挙げられます。一般的には窯ものとは職人が作ったもの、作家ものとは作家本人一人の手で作ったものとされますが、有田ではこの構図が全く当てはまりません。特に伝統的な工程を遵守する柿右衛門窯ではなおさらです。
 当主の柿右衛門は、どんな作品でも一人で全ての工程を手がけて作品を完成させることはありません。有田焼の伝統的工程として、全ての工程は分業にて行われます。石を砕く人、轆轤をひく人、素焼きをする人、絵付けでも線描きをする人と線の中を塗りつぶす人など。当主の柿右衛門もその例外ではありません。当主の担当は全工程の監督と製品のデザイン、そして赤絵具の調合のみと原則的に決められています。しかしながら全工程を監督する立場上全ての作業を理解しなければなりません。つまり、オーケストラの指揮者のような役割として、一人で全てを作るよりも一人一人個性の違う職人を纏め上げて、高品質を保った作品を作り続けていかなければなりません。思った以上に困難を極める役割を担っているのが当主柿右衛門なのです。
 現在作家ものとして評価される濁手も、同様に分業で制作されています。ただし、濁手の製作工程および組織が国の重要無形文化財に認定されていますので、特別に優秀な職人を選抜してその中で制作しています。
 現在、有田の採石事情は悪化しています。天草など有田以外の石の比重が高まり、地肌の色とそれに伴う色絵の色にも変化が生まれています。ただ昔のものと変わらぬものを作り続ける伝承と異なり、伝統とはその時代にあったものに変化して受け継がれていくものです。そう強く意識する14代は、時代の変化を逆手にとって日本の洋風化する生活にもふさわしい「日本のやきもの」を作り続けていることにより、私たちに日本の心を忘れないようにと暗に伝えているような気がしてなりません。

 変わり行く伝統、変わり行く柿右衛門。伝統と現時代性を兼ね備えた柿右衛門の逸品を是非お手にとってご覧ください。「伝統的」というお堅いイメージが、14代の器を手にした瞬間、より身近なものへと変化していただけると思います。
                         (THE GALLERY / 田中美術  田中満之)
【参考文献】
・『余白の美 酒井田柿右衛門』(14代酒井田柿右衛門著、集英社、2004年)
・『歴代柿右衛門』(井村欣裕著、マリア書房、2002年)


色絵磁器展 〜有田・柿右衛門窯 特選〜
当展では、実用の器として皆さまの食卓を彩る柿右衛門窯の作品を中心に、江戸期の名品を現代に蘇らせた濁手の名品まで約60点を展観いたします。初春の一日、是非ご高覧下さいませ。

日時:平成19年1月1日(元旦・月)→15日(月)(火曜定休・最終日5時まで)
会場:弊廊THE GALLERYにて

posted by tanaka at 20:29| Comment(0) | 過去記事

2006年10月13日

蔵田美和 日本画展 作家インタビュー

e0102155_14202282.jpg

蔵田『最近、クマの出没が多くて困っています。家の周りがどうやら通り道になっているようなんです。』

今回で5回目となる蔵田美和先生は岐阜県の揖斐郡という緑豊かな自然の中で作品を手がけておられます。
透明感ある作品はどのようにして生まれるのか。また、5回目の作品展を迎えるに当たり、今年の作品のことなどいろいろ・・・蔵田先生に伺ってみました。
e0102155_1313321.jpg

田中『スケッチはどんなところに行かれるのですか?』
蔵田『すぐ近くの山や庭です。』

田中『今年の作品で一番先生が見てほしいのは、どの作品、もしくはどんな所でしょうか。』
蔵田『「佐保姫」・「桜」・「山あじさい」・「蔓竜胆」でしょうか。これらは今までにない技法で描いています。』


最近画材の持つ可能性に新たな魅力を感じておられるご様子で、今回出品作にもいろいろな挑戦があったようです。
e0102155_132194.jpg

蔵田『最近、日本画画材の持つ可能性の研究がとても面白く感じられるようになってきました。貝や鉱石を砕いたものや金属片を、膠水で紙に貼り付けていくという、一見、原始的に見える技法は、実は、無限の可能性を秘めていると感じています。今年は、ベースになる紙についても研究してみました。』



田中『“紙”については具体的にどのような工夫があったのでしょうか。』
蔵田『和紙は実に多種多様で特に手漉きの和紙は、それぞれ独特の特質があり、ただ色をのせる基面としてだけでなく、色合い、風合いを生かせるよう挑戦がありました。

e0102155_1333079.jpg
例えば、麻で漉いた紙、最上級の極細の楮で漉いた紙では、使う絵の具も違います。それぞれの紙や、絵の具の持つ長所を重ねることで、両方を表現しようというものです。』
1つの作品を仕上げる事は、技術の向上だけでなく、研究、努力があってこそ“表現”できるという厳しさもしっかり持っていらっしゃいます。


田中『今後挑戦したい題材やテーマはありますか。』

蔵田『野生植物は永遠のテーマと考えています。花だけではなく、生態全てをテーマにできたらと思っています。生息している空間を、空気ごと写し取るような絵が描けたら・・・と思っています。』

“空気ごと写し取る”先生の作品を見るととてもうなずける一言です。小さな額の中には確かに “空気”が満ち溢れ心を揺さぶります。技術だけでは捕らえることのできない、広い自然を自らの宇宙へと引きずり込む豊かな感性が伺えます。
変わることのない永遠のテーマを、日々違った角度で捕らえようとする“挑戦”と“研究”はこれからもずっと私たちを楽しませて下さる事だと思います。

休日には南の島の伝統音楽を聞いたり、民族楽器を演奏したりして感覚のリフレッシュをされているそうです。
意外にも、植物作品の誕生の裏には南国の音楽が・・・隠れていたようです。
でも、私たち都会に住む者にとっては、こうした音楽や空気を感じる事が一番の贅沢なのかも知れません・・・。

※作家在廊日・・・10月28日(土)・29日(日)/ 11月4日(土)・5日(日)

●店主にひとこと●
蔵田『年齢も近く、親近感を抱いています。同じ時代を生きる同士として、エールを送り合って行きたいですね。いい人生になるように、頑張りましょう。』

田中『波乱に満ちた人生です。エールが心にしみます。有難うございます。いい展覧会にしたいです。』

posted by tanaka at 01:57| Comment(0) | 過去記事