2018年07月30日

田住真之介 日本画展■ご案内


皆様、暑中御見舞いを申し上げます

今年は例年を凌ぐ酷暑、本当に恐ろしくなるような暑さです
天災も多く、警戒を強いられ気持ちが落ち着きません

皆様はいかがお過ごしでしょうか
まだまだ夏はこれから、という印象です
少しでも「普通の暑さ」に戻ってほしいものですね
どうぞ、充分にご自愛いただきたく思います

弊廊では、
2018年8月9日(木)→13日(月)の期間
田中美術が期待する日本画家・田住真之介さんの個展を
開催致します。
田住さんにとっては、これが初個展となられます

1808田住DM.jpg

数年前の神戸アートマルシェでご縁をいただいてから
現在に至るまで、かずかずの公募展や展覧会をはじめ
国内外のアートフェアに出品を重ねられ
表現にもよい変化が表れておられるように感じます
メインテーマの動植物を写しとる眼差しにも、
より純粋さと厳しさが増してこられています

生物の中に息づく、かたちのない「いのち」を
画紙の上に丁寧に取り出すように描かれる繊細な筆致
淡く儚げな色彩の中に、確かにそれは息づいています

30年後の田住さんは、どのような日本画家に
なられているのでしょうか
とても楽しみです
これから長く続いてゆかれるであろう制作の道の中で
今しか描けない、若い時代の作品に触れることができるのは
本当にエキサイティングなことです

描きおろしを含め、新作をご紹介いたします
ぜひ、ご高覧くださいませ



なつ2018.jpg




田中美術








posted by tanaka at 12:48| Comment(0) | ことづて

2018年06月07日

−階 kizahashi −日本画四人展■ご案内

梅雨入りを迎え、大気の中の水分も
少しづつ増えて参りました

皆様、いかがお過ごしでしょうか

早朝にはホトトギスが涼しげな聲を響かせます

弊廊では今月、日本画の若手作家さん四人をご紹介する、
「階 kizahashi 日本画四人展」を開催いたします
2018年6月21日(木)→25日(月)※最終日は午後5時まで

池上真紀さん、高田凱月さん、田住真之介さん、三好温人さん(五十音順)
20代から30代の 四人の新進気鋭の方々です
皆様京都で日本画を学ばれ
植物や動物を題材にとり、日本画の古典を軸にした
繊細な表現を追究されています

階ikegami.jpg
池上真紀さん
階takada.jpg
高田凱月さん
階 tazumi.jpg
田住真之介さん
階miyoshi.jpg
三好温人さん

今、様々な表現方法によるアート、芸術を表現する作家さんが
本当にたくさんいらっしゃいます
そんな現代から未来に向けて、
階(きざはし)を登りつつある四人の皆さん
時間の流れに傷つかず 消えてしまわない作品を残せる作家さんに
なっていただきたいと願ってやみません

階dm.jpg

現代に生きる彼らの若い感性と、日本画の古典の息吹

夏に向かって、自然の中の生命が勢いよく育つ季節
ぜひ ご高覧ください





IMG_20180420_135829.jpg
夏への午後




田中美術















霍公鳥
posted by tanaka at 11:14| Comment(0) | ことづて

2018年05月18日

川西英 木版画展■ご案内 

爽やかな季節の到来です

新緑の季 若い葉が初夏の陽射しに磨かれています
皆様 いかがお過ごしでしたか

弊廊では、このたびお久しぶりに
「川西英 木版画展」を開催させていただきます
点数は以前ほど多くはございませんが
今回も貴重な旧い作品をご紹介させていただく予定です

旧き良きKOBEをみつめて
川西英 木版画展
2018年5月24日(木)→31日(木)
露台.jpg
「露台」1957年

あらためて川西英さんの作品を眺めておりますと、
時代を超越した創作の感性に驚かされます
川西英さんが愉しみながら一心に刻み続けた
戦前〜戦後にかけての兵庫・神戸の風景は
2018年に生きる私達に 不思議な普遍性をもって迫ってきます
風景は確かに変化しています
でも、変わらない何かが確かに息づいています
ご高覧いただけましたら、幸いに存じます



PIC000025.JPG
清々しい初夏を


田中美術

神戸を代表する木版画家である川西英さん
こちらもぜひご参照ください↓
http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/online/hyakkei-hanga/index.html








posted by tanaka at 13:43| Comment(0) | ことづて